うる星やつら

小学館創業100周年記念にうる星やつら2022が10月から始まりました。

巷でどの様な評価がされているのかは知りませんが、旧作は僕の青春時代であり、どっぷりと浸かっていましたので、ちょっと書いておかねばと思いました。
うる星やつらは高橋留美子さん原作の小学館サンデーに連載されていた作品のTVアニメ化でした。
ジャンルは、SF・ラブコメ・ギャグアニメと言ったところでしょう。

本当にハマってました。
コミックからレコードからCD, LDそしてTVをビデオに撮ったりしてましたし、劇場映画も見に行きました。その後発売されたDVDやBlu-rayも買いました。

こんな僕が2022を見て思った事は、「2022は面白くない、旧作の方がいい」ということです。
新作を見てうる星やつらを知った人にも是非旧作を見て欲しいです。
新作は今の時代に合っていて作画がとても綺麗です。ですが、効果音やBGMが面白さを際立たせていない。
これはシナリオと共の重要な要素です。旧作では安西史孝さんと星勝さんの効果が大きいですね。
そして監督がどうまとめるかです。

SF・ラブコメ・ギャグアニメが今の時代に合わせて、作画が綺麗になり過ぎてて合わないと思います。
もう少し作画をデフォルメして、BGMを誰に作ってもらうか?
それから声優さん。旧作と違和感がない人を選んだのでしょうが、薄っぺらです。若手だからか?

旧作の映画の話に
うる星やつらの映画と言えば2作目のビューティフル・ドリーマーが話題に出てきます。
監督があの押井守さんだからと、原作者の高橋留美子さんが激怒したとかが話題です。
まずは1作目から
オンリー・ユー。僕の中では1番うる星やつららしくて、好きな作品です。
好き好きに宇宙戦争が入ったハチャメチャ。諸星あたるらしくて。
2作目に戻って
ビューティフル・ドリーマーですが、押井監督らしい作品になってます。
僕の中では2番目に好きです。
3作目、4作目とオリジナルストーリーで作られますが、あまりパッとしていません。
そして5作目は原作に忠実に作られています。特に驚きもなく流れていきます。
その他にもOVAがたくさんありますが、どれもうる星やつらの世界観がキチンとある中で作られているので、1話取り出しは見る、でOKです。

うる星やつらに興味を持って貰えれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました